政治家になってから地元で実現したこと


政治家になってからの挑戦(自分が直接かかわったものの一部を書いています)

北村山郡

■尾花沢市

農業用の施設である鶴子ダムの冬期間の水の利用を可能とするよう市議・県議とともに対応中です。平成25年は冬場に必要な水の量について計測実験を行いました。

■尾花沢市・大石田町

JAみちのく村山のすいか選果場の設備更新(平成27年、28年)

■村山市

袖崎地区の村道整備

地方創生人材の国からの派遣(平成28年7月~)

■東根市

山形空港の羽田~山形便の1日2便化を実現しました。

西村山郡

■寒河江市

スマートインターチェンジの24時間化を実現しました。

朝日町の道の駅オープン(平成27年)

■朝日町・西川町・大江町

平成25年7月の豪雨災害からの復旧に向けて激甚災害等に指定。

■河北町

福島県からの小学生の受け入れ交流事業について、国の復興予算化しました。(平成27年~)

置賜地域

■長井市

地方創生人材の国からの派遣(平成28年4月~)

■小国町

放射性物質により出荷制限されていた熊の出荷へ(平成28年4月~)

■白鷹町

農林水産省と町役場との人事交流

■米沢市

農林水産省から副市長を招へい(平成28年4月~)

■東北中央自動車道

平成29年度中開通へ

道の駅米沢を国交省の重点道の駅指定

■国道287号線

地域高規格道路に隣接する重要道路として国からの直接補助の実現(平成28年~)

■国道113号線

調査区間になってから15年、平成26年度の道路調査の見直しで、ルート・構造検討に係る調査等を行う次のステップに指定されました。

■災害復旧

2年連続の水害からの復旧について、昨年の対応をよりスピーディーにし、今年は南陽市を中心に国と県と市町との連携がよりスムーズになるよう市役所にプロジェクトチームをつくり対応していきます。

■おきたまの食を広げるプロジェクト

米沢を中心とした食のおきたまブランドを作るべく、JAの方々と新しい商品の開発やおきたま食材を使う店を全国で増やす取り組みなど進めています。

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加